雨漏りを万全対策【雨の侵入を防ぐゴッドハンドに連絡】

屋根の材質

一軒家

屋根からの雨漏りの原因として、まずは屋根にはさまざまな種類があり、その屋根ごとの特徴が原因につながる場合があり、それぞれの種類や屋根の不具合に応じて原因が違い、リフォームのかたちも違ってくる。というのが、前回のお話であった。たとえば瓦屋根の原因を挙げたけれど、軽量瓦というものもあってというところだった。軽量瓦というものは、もちろん、ヒビ割れやひずみなどが雨が漏る原因をつくるんだけれど、もうひとつ、軽量瓦そのものの特徴から来る原因もある。軽量瓦には、商品によっては、時間が経つと変形してしまうものもあるんだという話だ。ひとつの瓦のかたちが変わってしまうということは、もちろん、屋根全体がすこしずつズレていくことだから、それもすき間をつくるもとになる。また、軽量瓦はビスで止めて屋根としている場合が多いんだけれど、そのビスの締め方がキツすぎると、欠けたり、のちになってヒビ割れたりという原因になるのだ。では、瓦屋根の雨漏りをリフォームするとすると、どういうことになるか。ひどい場合には、屋根全体を新しく作りなおす必要も出てくる。瓦がズレたことで、瓦の下のさまざまな設備もまた被害を受けている場合が多いからだ。もちろん、使える瓦はちゃんと使う。瓦の下に防水シートを二重に張る。って感じだ。

屋根ではなく、壁からの雨漏り、と言っても、直接に生活に関わってくることはないし、まあ今度べつの機会に直したらいいだろう、と思うこともあるかもしれない。放っておくとしみが出来たり、内側の材質によっては腐ったりして、家が傷む原因になる。そういう意味でも、見つけたらできるだけ早く修理することが大事なのだ。