雨漏りを万全対策【雨の侵入を防ぐゴッドハンドに連絡】

リフォームで雨漏り対策

住宅

子どもの頃、雨漏りが起きると大変だった。みんなでバケツやお椀をもって、家の中を走り回っていた。僕たち子どもは楽しかったけれど、大人にとっては大変だっただろう。リフォーム業者を呼ぶ前の晩、父親はちょっと寂しそうに言ったものだ、「この家も、もう古いからなあ」と。しかし、雨漏りというのは、家自体の老朽化というものは、もちろん原因のひとつとして挙げられはするけれど、その原因は実は、さまざまなものが考えられるのだ。たとえば、雨が漏ると言えば無条件で屋根が悪いんだと決めつけて、雨漏りでリフォームを受けるってことは屋根を引っぺがして新しくかぶせ直すことだと乱暴なことを言うひとがあるけれども、雨漏りのリフォームとひとくちに言っても、そのリフォームは、原因がさまざまにあるのだから、やり方もさまざまにあって当然である。たとえば、雨漏りは屋根の種類によってもその原因や、対処するリフォームの方法も変わってくるものなのだ。また、屋根だけが原因でもないのだ。上からポツポツ落ちてくる、あのおなじみの風景だけがそれをさすのではない。壁のすき間から入りこんできた雨粒が家の中を濡らすというのも、これは立派に雨漏りなのだ。油断していると住宅に攻撃を仕掛けてくる雨漏りはしっかり対策をしなくてはならない。もし、そのまま放置していると住宅の劣化を早めてしまうので注意しよう。ここでは大まかな雨漏りとリフォームの関係について見てみよう。

コーキング剤の力

女の人

雨漏りのリフォームに用いられるコーキング剤は、樹脂製のもので建物の隙間に綺麗に浸透してくれる。また、業者に依頼しなくても自分で購入することも可能だ。だが、どこから雨が侵入しているか把握しておく必要がある。

読んでみよう

屋根の材質

一軒家

屋根には色々な種類があり、材質によっては雨漏りがしやすくなる場合がある。特に、計量屋根の場合には注意が必要だ。ビスの打ち方一つで雨の侵入具合が変わってき、最悪の場合には屋根を作りなおす必要が出てくる。

読んでみよう

隙間からの侵入

男性スタッフ

日本家屋によく利用される瓦は雨漏りがし易い屋根となっている。すきまが空いているので仕方がないことだ。そのため、瓦屋根の住宅は普通の住宅よりも注意深く雨漏りを警戒する必要がある。

読んでみよう